ミュゼプラチナム WEB申込をして初回カウンセリングを受けてきた

d14
月間45,000人以上もの人が新規で訪れていると言うミュゼプラチナム、前から気になってたんですよね。
元々優柔不断で、勧誘等には超弱い私。気になりながらも中々踏み出せずにいました。

きっかけはお年玉キャンペーンの3,000円オフ。

両わき+Vラインが4,800円で脱毛し放題で、キャンペーンを利用すると3,000円オフになり、たった1,800円で何度も脱毛し放題と言うのは魅力的でした。

WEB予約ページから申し込むと、返信メールで割引内容が記載されているのです。
このメールを印刷するか、カウンセリング時にカウンセラーの方に見せるかで割引されるのでこれから申し込む人は大切に保存してくださいね。

カウンセリングの前日には、「明日はカウンセリングですよ」と言う内容のメールまで届きました。
都合が悪ければ変更・キャンセルできますと言ったURLも一緒に記載されていました。
このメールが届いた時も内心では勧誘にビビッていた私…。
カウンセリング日を伸ばそうかしら…とも思っていたほどです。
でもこれだけ話題になっている脱毛サロンだし、実際に行ってみたい気持ちも強かったので、行ってみる事に決めました!

私が行ったのはグラン那覇国際通り店。観光客で賑わう牧志市場がある国際通り沿いにある所です。
久々に都会に来たと言う感じで、人の多さに正直早く帰りたい…でした。
三越の隣のビルの4Fにあり、1Fにはスタバでたくさんのお客さんが賑わっていました。

エレベーターで4Fへ行こうとすると、慌てて乗ってきた20代前半くらいの女の子がいました。「何階ですか?」と聞くと「4階です」と答えたので、「同じですね」と言うと、「今日が初めてでドキドキしてるんです」と言ってました。

ビル自体はそんなに新しくはなかったのですが、4Fにつくとミュゼの綺麗な店舗がオープンになっていました。私がついたのは10時10分ほど前で、10時オープンの店舗でしたが既に5~6人のお客さんが椅子に座っていました。カウンターには2名の受付の方がいてカウンセリングに来た旨を伝えるとにこやかに「掛けてお待ちくださいませ」と言われました。

白のカウンターにはノートパソコンが4~5台ほど置いてあって木目調の壁、とても清潔感あふれる印象でした。

10時の開店前にも関わらず、脱毛予約の人は次々呼ばれていきました。呼ばれても次から次へとお客さんが訪れて、客足が途切れている事はなかったです。脱毛って結構たくさんの方がされてるんだなと感じました。

飲み物もフリーで飲み放題の様で、色々なフレーバーのティーが置いてありました。接客をしているスタッフの人も、ソファーに座っているお客さんに対してひざをついて対応していたのでとても感じが良いサロンだなと言う印象でした。

10分くらい待ったところで30代前半位のスタッフの方がにこやかに「ご案内いたしますのでこちらへどうぞ」とあらわれました。入室したのはドアがない個室ですが、中は覗けば見えると言う感じで完全個室ではなかったです。

「カウンセリングシートにご記入をお願いしますね」と渡されたのはタッチパネルの機械。カラオケで使用している機械のもう少し大きいバージョンと言った感じです。この機械でお客さんの管理をしているから、全国どこでも自由に通えると言う事を言ってました。

脱毛の方法について、健康状態について、過去の脱毛経験についてなどを記入していきます。記入している間に、スタッフの方はお茶を入れに退席しました。タッチパネルでどんどん進めて、選択部分は選ぶだけなので5分くらいで済みました。記入が済むころには温かいアップルティ(ピーチティかもしれない)を入れてきてくれました。

記入した内容を確認しながらミュゼの脱毛法についての説明が始まります。

ミュゼの脱毛法はSSCと言う光脱毛で、厳密には脱毛ではなく減毛であると言う事や、成長期の毛にしか反応しないので大体12~18回位の回数が必要であると言う事等です。

私は10年ほど前に両わき脱毛の経験があったのですが、その話にも触れました。たまたまキャンペーンを見かけて10年保証で10,000円で両わき脱毛が出来ると言う事で申し込んだのですが、4~5回通った所で引っ越ししてしまったのでそれ以降は通えていません。

ですが、現在は濃い毛は2~3か月に1度程度2~3本生えてくるかな程度になっている事を話したら「4~5回でと言うのは珍しい!」と驚かれました。12~18回通って満足する人が多いので、1部位終わってから次、と通う人もいて6~7年通っている人もいますよ、との事でした。

「とにかく気になっているのはVラインです」と言う事を伝えると、「その他の部位も回数で購入すると両わきとVラインは脱毛し放題でついてきますよ」と言われたので、「Vラインをやってみてから徐々に考えたいですね」と伝えるとそれ以上の押しは全くありませんでした。カウンセリング中も常ににこやかで話しやすかったと言うのが印象です。

一番心配していた勧誘ですが、自分が脱毛したい部位を予め決めておくと言う事も大切かもしれません。
当然ですが、スタッフの方は脱毛のプロであり、スタッフ全員が全身脱毛を行っていて無駄毛処理から解放される快感を知っているのでおススメしてくるのは当たり前の事かと。

迷っていると言われるがままに契約してしまう=勧誘されたとなってしまうのではないかと思います。今回はキャンペーンでVラインをやりたいと言う希望があったので、その事をしっかり伝える事により、「やったほうが良いですよ」的な押しは感じられませんでした。

唯一迷っていた事と言えば、Vラインのみをやるか、両わき&Vのセットにするかと言う所です。両わきは濃い毛は数か月に処理する程度だし、少し産毛が残っているかな位ですが、そこまで接近して産毛を見る人がいるか?と言えば正直、多分家族位ですよね。

なので両わきを付けても1,200円しか変わらなかったのでどっちでもよかったんですが、「産毛って綺麗になりますか?」と聞いてみた所、「確認してないのではっきりとは申し上げられませんが、Vラインとセットにした場合でも同時にやる事も出来ますし、手入れが面倒でなければどちらでもいいと思いますよ。」との回答でした。

押しの無さが良かったので、両わき&Vラインのセットで契約する事にしました。

申し込みは1月に済ませていた事と、返信メールの3,000円のクーポンを利用したので、1,800円で済みました。料金を支払うと、「領収書を発行して来ますね」とスタッフの方は退席しおつりと領収書を一緒に持ってすぐに戻ってきました。

そしてさっきのタッチパネルの機械で両わき&Vライン脱毛完了コースの契約内容を確認してから署名します。署名もタッチパネルで出来ちゃうんですね。インク代もかからないんですね、なんてお話をしました。

そして契約内容や約定などを発行したものと領収書を渡されました。「何かご不明な点はないですか?」と聞かれたので、シェービングは当日やったほうが良いのかと言う事を尋ねました。当日の朝でOKですが、保湿の為にクリームではなく化粧水を塗ってください、との事でした。

そして出来立ての会員カードと一緒に、WEBでの予約の取り方なども丁寧に教えてくれました。「せっかくだから予約とっていきませんか?」と言われたので、買い物ついでに都合の良い水曜日で検索すると、翌週はあいにく午前中がいっぱい。

3時には子供が帰ってくるので、それまでに帰れる時間帯で検索すると、翌々週の12時40分で取る事が出来ました。
「今、旅行券が当たるキャンペーンもやってるのでついでに応募しちゃってください」と言われたので、言われるがまま操作するとワンクリックで応募は完了。運良ければ30,000円の旅行券が当たるそうです。「ここからも数名当たりましたって聞いてますよ!」との事でした。

最後に、「契約していただいた方にプレゼントしてるんです」とまゆ用シェーバーと、ミュゼの取締役社長が出している本、月刊誌などをもらいました。アンダーヘアのお手入れは眉用シェーバーが肌を傷つけずにできて良いんだそうです。

実は1週間ほど前にその事を知って眉用シェーバーを買ってしまった私。買わずに我慢しておけばよかったっ!!とちょっと後悔です。

ここで今日のミュゼの訪問は終了。玄関先までお見送りしてくれました。終了時刻10:57、たったあれだけの会話で1時間も?と言う感じであっという間でした。

那覇の中心部なので駐車場代は自腹で500円。ちなみに45分以上の施術だと、ミュゼ専用の駐車場が用意されるそうです。

申し込みからカウンセリング終了までずっとドキドキしていましたが、思ったよりも感じよく気持ちよく終える事が出来ました。ミュゼの初脱毛は2週間後、レディースデーに当たらなければ良いのですが。

ちなみに那覇には国際通り店と新都心店の2店舗があるので、どちらでも脱毛を受けられます。国際通りの方が近かったので国際通りを選びましたが、新都心が良い時はWEB上から予約変更できます。

また2週間後初脱毛後の体験談も後日書きたいと思います。

ミュゼプラチナムの詳細はこちらをクリックyajirusi-ani60yajirusi-ani30yajirusi-ani60
ミュゼ

207-1207

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<<← →>>

ページ上部へ戻る