脱毛サロンに行く前に知っておきたい禁止事項&注意事項

ss291脱毛はお肌や体の調子次第で施術ができないことがあります。
数か月前から予定を空けて楽しみにしていたのに、サロンに行って着替えも終わって、いつでも施術OK!という状態で「今日は施術ができません」と言われるのはかなりダメージが大きいです。

実は私自身、当日施術NGを2回も食らっています。理由は日焼けと乾燥
できないと言われたときは「え~!!」と思いましたが、脱毛についていろいろ知っていくと、そんな肌の状態で施術を行うことはとても危険だということが分かりました。

サロンに行く前にはお肌のコンディションを整えておくことも大切なんですね。

お肌のコンディションの他にも、脱毛の施術前後には注意しておくポイントやいくつかの禁止事項があります。

施術前後の禁止事項

これらの禁止事項が守られていない場合は、当日施術を受けることができません。
また、施術後はお肌の禁止事項がありますので、事前に必ずチェックしておくようにしましょう。

  • 自己処理(施術前)
  • 毛抜きやワックス脱毛による自己処理で毛根がなくなってしまうと、メラニン色素に反応する光脱毛やレーザー脱毛は効果がなくなってしまいます。

    毛根の黒い部分のメラニン色素にダメージを与えるので、毛根には毛の詰まっている部分を残しておく必要があるのです。

    脱毛する前日~2日前位にシェービングするのがベストなので、どうしてもむだ毛が気になるのであれば、電気シェイバーなどを使用してなるべく肌も傷つけない方法でむだ毛を処理するのがベストです。

    参考:ムダ毛の自己処理には危険がいっぱい!カミソリも毛抜きも肌トラブルの元っ!?

  • 日焼け(施術前後)
  • 光脱毛もレーザー脱毛も黒いメラニン色素に反応するように作られているので、肌が日焼けをしてしまうと、毛に必要なエネルギーが集まらず肌にも吸収されてしまいます。

    そうすると赤みや腫れ、火傷の原因となってしまうので脱毛効果が得られないだけでなくお肌にもよくありません。

    光、レーザーを照射した後のお肌は熱を持っていてとても乾燥した状態となっています。
    そのため、冷やしてあげたり保湿することは必須なのですが、紫外線を避けるということも大切です。
    施術当日は日焼け止めを塗ることは好ましくないので衣類や傘などでカバーするようにしましょう。

  • 予防接種(施術前後)
  • 接種から前後10日間は発熱や腫れが起こる可能性があるので、施術を行うことができません。

  • 激しいスポーツや飲酒(施術後)
  • 施術当日は激しいスポーツや飲酒は肌の温度を上げてしまうため、避けた方がいいですし湯船に浸かるのも同じ理由で避けたほうがいいです。
    かゆみが出た場合は冷やすか保湿してあげるかのケアをしましょう。

  • クリームや制汗スプレー(施術後)
  • 施術当日は毛穴を塞いでしまうようなボディクリームや制汗スプレーなどの使用は避けましょう。
    お肌が敏感になっていますので脱毛した部位はナイロンタオルでごしごし洗ったりということも避けたいものです。

  • 自己処理(施術後)
  • 1~2週間かけて施術によって毛根にダメージを与えられた毛が自然に抜け落ちていきます。
    軽く引っ張ってスルッと抜ければ問題ないのですが、軽く引っ張って抜けないのはまだ毛根にダメージが与えられていない状態です。

    毛を抜いてしまうと毛周期が乱れてしまい今後の施術に影響すてしますので、脱毛を始めるたら毛抜きの使用は禁止です。

    脱毛できないことが多いケース

    禁止ではないけど、施術を断られるケースが多いのがこちらです。

  • 生理中
  • 脱毛はホルモンのバランスを大きく受けるため、生理中の脱毛は好ましくありません。
    生理中はデリケートゾーンの施術はできません。

  • タトゥーがある
  • タトゥー部分から5cm以上の間隔をあけての施術になります。

  • お肌の乾燥
  • 乾燥した肌は敏感になっているので、痛みを感じやすかったり、よい脱毛効果が得られない場合があるので施術できない場合があります。

  • 薬の服用
  • 服用している薬によって施術ができなかったり、服用後○時間は施術ができないなど、サロンによって制約が違うので、日常的に薬を服用している場合にはカウンセリング時にしっかりと確認をしておきましょう。

  • 傷のある部分は照射ができないので、ホクロと同じ保護シールを貼って施術を行う行うことになります。
    色素沈着してしまった傷や傷口が化膿しているなど、傷の程度によっては施術を断られる場合があります。

    ss292これらの禁止事項や脱毛NGになるケースは、お肌のトラブルを最小限に抑えることと、最大の脱毛効果を発揮することが目的です。

    先ほども書きましたが、私自身、日焼けと肌の乾燥で2回施術を断れれた経験があります。
    せっかく来たんだから少しくらいいいでしょ~!と思いましたが、担当者の方は、「日焼けやお肌が乾燥した状態で施術を行っても、脱毛効果がグンと下がってしまうのでもったいないですよ。脱毛って安くないですから。」という説明をしてくれました。

    照射されるフラッシュやレーザーは黒いものだけに反応して毛根にダメージを与えるので、潤いのある白いお肌は脱毛効果が非常に高いです。

    できるだけ安く脱毛を済ませたいなら、お肌のケアをしっかりとしておくことが結果的に「お得な脱毛」になるということです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    <<← →>>

    ページ上部へ戻る