脱毛サロンのフラッシュ脱毛(光脱毛)は安くても脱毛+美肌効果で超割安

フラッシュ脱毛とは、エステティックサロンや脱毛専門店などで最も多く取り入れられている光脱毛で、光のエネルギーで毛根のメラニンを刺激し脱毛を促す光脱毛のことをいいます。

医療機関でしか扱う事のできない医療レーザーに比べると、照射の威力は劣りますが痛みも少なく料金も安いので手軽に脱毛する事ができるので、とても人気があります。

フラッシュ脱毛とは

k30

医療用のレーザーは照射の威力が強く、毛の元である毛母細胞や毛乳頭を破壊する脱毛方法なので医師の常在が必要です。照射の威力が強いため、効果が出るのが早いと言われていますが、費用がかかるという点と、人によっては痛みを感じるということで近年では、皮膚の表面(メラニン)に反応し毛根にダメージを与えることで毛が生えてくるのを抑える脱毛サロンでのフラッシュ脱毛を利用する人が増えています。

しかし脱毛サロンでのフラッシュ脱毛では光の出力を一定に制限しているので、レーザーに比べ威力が弱い分、痛みもほろんどなく料金もお手軽ですが、体質によって効果が現れやすい人と、なかなか出にくい人に分かれます。フラッシュ脱毛を4~6回照射して毛の減り具合を実感できたと言う場合は、体質に合っているでしょう。

威力としてはレーザー脱毛の2~3分の一程度と言われていますので、自己処理をほとんどしなくてもよくなる程度にしたければ平均で12~18回程通うのが一般的です。
回数は多くても「痛くない」「手軽な金額がいい」がいいと言う人はフラッシュ脱毛。12回以上光脱毛を照射しても「減らない」「早く効果を感じたい」という人は、思い切ってレーザー脱毛に切り替えるのもおすすめです。

効果は人それぞれ体質によって変わってくるので、実際にフラッシュ脱毛を受けてみないとなんとも言えません。脱毛サロンではお試しキャンペーンが数百円程度で利用できる店舗が多いので、まずはチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

li@2x (3)脱毛サロン最新のキャンペーン情報をチェックする>>

その場では毛が抜けない

k31

残念ながらフラッシュ脱毛を扱っているサロンは毛根にダメージを与える方法で、医療レーザーのように毛母細胞や毛乳頭を破壊する脱毛方法ではないので、施術した当日に毛が抜けることはありません。

脱毛をする前に、シェービングをしたことで見た目はツルツルでもう抜けたんだ」と勘違いをする人もいますが、安心してはいけません!剃っただけなのでまた生えてきます。

ところが、だいたい施術後10日~2週間ほど経つとスルスル抜け落ちていくのでそこでようやく脱毛の効果を実感できるはずです。

脱毛後に生えてきた毛は、毛抜きを使わないと抜けなかった頑固な毛がスルっと抜けていくので、そんなところでも実感を得ることができますね。
そして施術の回数をこなすうちに、除々に太かった毛がダメージを受けていくことによって細くなっていくのです。

だからといって通う頻度を密にすればいい!という事でないので注意が必要。

ムダ毛には生えている場所によって周期が違うので、毛の周期に合わせたタイミングで施術をするのが大切です。

li@2x (3)ワキ+Vライン脱毛なら何回でも通えるミュゼプラチナムがお勧め!最新キャンペーンはこちら↓↓
ミュゼ

光脱毛の種類

k32

li@2x (3)IPL脱毛

キレイモ銀座カラーコロリー、家庭用脱毛器などで使用されているタイプの光脱毛。正式名称はインパルスライトでその略称としてIPL脱毛と呼ばれています。

毛根の黒いメラニン色素に反応する光が毛根組織にダメージを与えます。脱毛完了回数は6~18回と個人差がありますが、肌に与えるダメージが少なく脱毛効果は高い光脱毛です。

痛みは人によって感じ方が違いますが、輪ゴムで弾かれたような痛みと感じる人が多いのが特徴です。光照射前には冷却、肌保護のためのジェルを塗布して光を照射し、光を照射した後はローションなどを塗布して肌を沈静化、毛穴を引き締めるケアをするのが一般的です。

li@2x (3)IPL脱毛を行っている人気脱毛サロンはこちら↓↓
KIREIMO -キレイモ-

li@2x (3)SSC脱毛

ミュゼプラチナム脱毛ラボなどで採用されている脱毛法で、スムーススキンコントロール法と言う脱毛法です。
光脱毛の一種で、特殊なジェルを塗布して光を照射する事により、ジェルと光の相乗効果によって脱毛、抑毛効果を高める方法です。

SSC脱毛は光脱毛の中でも特に痛みの少ない脱毛法で、最も痛い部位だと言われる、ビキニラインやIライン、Oラインの脱毛時でも痛みを感じる事がほとんどありません。

プラズマ脱毛やルニクス脱毛などの脱毛法がありますが、使用している機械の種類によって呼び方を変えており、これらは全て光脱毛に属します。キセノンライトやホワイトライトなどの使用しているライトの違いはありますが、毛のメラニン色素に反応すると言う部分は同じで、成長期の毛にしか反応しないと言う事も共通しています。

li@2x (3)SSC脱毛を行っている人気脱毛サロンはこちら↓↓
ミュゼ

li@2x (3)ハイパースキン脱毛

最近増えてきている脱毛法で子供でも安全に脱毛できる方法として話題となっています。

通常の光脱毛が成長期の毛にしか反応しないのに対し、このハイパースキン脱毛は成長期の毛には反応しません。休止期の毛細胞に反応し、毛の成長を抑制する脱毛法になります。

現在生えている毛に対しては反応しないため、効果が分かりにくいと言うデメリットもありますが、体感温度38度と言う低い温度のため肌を傷める心配もなく子供にも安心して使える脱毛法となっています。

li@2x (3)ハイパースキン脱毛を行っている人気脱毛サロンはこちら↓↓

色んな呼び方のフラッシュ脱毛が存在しますが、脱毛エステで脱毛器を自社開発している所は特に光脱毛やフラッシュ脱毛とは呼ばず、オリジナルの名称でアピールしている所が多いです。

ico_inquiryGTR脱毛を行っている人気脱毛サロンはこちら↓↓
全身脱毛

フラッシュ脱毛の効果を実感できる時期

k33

毛には周期があり、毛が生まれ変わるサイクルは成長期→退行期→休止期という流れで、フラッシュ脱毛の場合は皮膚の表面の黒い部分(メラニン)に反応するため、成長期の毛にしか反応しないのです。

なぜ成長期の毛にしか効果がないのか?と言うと、毛根を見てみると分かります。フラッシュ脱毛を受けた後に抜け落ちる毛の毛根を見てみると全て黒い事が分かります。しかし抜けない毛をちょっと毛抜きで抜いてみると(本当は良くないのですが)毛根が白くなっているのが分かります。

だから光を照射しても反応せず、ダメージを受けない為、照射後(1~2週間後)に引っ張っても抜けないのですね。退行期、休止期の毛根がこのように黒くないため、反応しない仕組みとなっているのですね。フラッシュ脱毛を開発した人って凄いですよね。

li@2x (3)脱毛サロン最新キャンペーン情報はこちら>>
a22

フラッシュ脱毛のメリット

k19

  • 両わき脱毛を格安料金で実施しているところが多い
  • 照射口が大きいので広範囲も短時間で脱毛することができる
  • 短時間で脱毛が可能なので安価な料金で脱毛することができる
  • 痛みが少ない脱毛法が開発されており、殆ど痛みを感じることなく脱毛を行うことができる
  • 業務用機械やジェル等を使用していることにより、冷却法や脱毛の手順などプロの手法でやってもらえる
  • サロンによって自社開発や医療機関と提携して製造したケア製品を使用しており脱毛後の肌の仕上がりがとても綺麗になる
  • 光の波長によってしみやたるみなどの美肌効果も期待できる
  • 医療機関と提携しているサロンも増えており、万が一何かあった場合にでも対処してもらえる

※現在行われている脱毛法の主流であり殆どのサロンがこの脱毛法を用いています。

li@2x (3)一番安くてお得なサロンは?脱毛サロンの激安キャンペーンの料金比較>>
a23

フラッシュ脱毛のデメリット

k20

  • 毛母細胞を破壊するほどのパワーを出力することができないため、細胞の働きを徐々に減らしていく減耗である
  • 照射前の剃毛は自分で行っていくことが原則で剃り残しがあった場合、別途料金を払ってやってもらうか剃り残し部位を照射してもらえないこともある
  • 遅刻や無断キャンセルの場合には罰金やチケット1回分消費などの罰則がある
  • サロンによっては勧誘がある
  • クリニックのレーザー脱毛に比べると痛みは少ない分、威力が弱いので多い回数を通わないといけない
  • 自己処理しなくて済む平均回数は12~16回と言われており通常2~3年は必要となる
  • 日焼けした肌や極端に荒れている肌、タトゥーを入れている部分に使用することはできない
  • 妊娠中は脱毛することができない

フラッシュ脱毛の最大の特徴は「安くて痛くない」こと。
さらに店舗拡大を行っている脱毛サロンが多く、駅から近く通いやすさを重視して新店舗をオープンさせていることろがほとんどなので、自宅や会社の近くで気軽に立ち寄れるという理由でサロンを選ぶ人も多いようです。

li@2x (3)脱毛サロン最新キャンペーン情報はこちら>>
a22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<<← →>>

ページ上部へ戻る