脱毛サロンや脱毛器のインテンスパルスライト(IPL)は高い美肌効果でお肌が若返る!

私たちが日々浴びている紫外線は肌にさまざまなダメージを与えています。
紫外線を浴びることで発生する活性酸素、その活性酸素はしわやたるみなどの老化現象を引き起こ、日焼けが蓄積するとメラニン色素が増えシミの元になります。

フラッシュランプの美肌効果

k12

これらの老化現象を改善させる方法の一つにフラッシュランプが注目されています。
脱毛でも使用されているインテンスパルスライト(IPL)と言う名前の光の波長です。

脱毛専門店の銀座カラー、全身脱毛専門サロンのキレイモ、脱毛専門サロンコロリーで使用され、家庭用脱毛器では楽天市場で売上№1を独走しているケノンが販売されています。

光は照射した瞬間にカメラのフラッシュのように光りますが、その光が肌の奥の真皮層にまで届きシミの原因であるメラニン色素や赤みの原因である毛細血管で熱を発します。

その熱がメラニン色素などのトラブルの元にダメージを与え、光を照射することによりコラーゲン生成を促進し、皮膚のターンオーバーを促します。

しみやたるみ治療などにフラッシュやレーザーを使用した治療が行われていますが、レーザーは単一の波長、フラッシュは異なる波長を持っています。波長は波の長さの単位で、波長の長さによって皮膚のどのくらい奥まで光が届くかというところに違いが出てきます。

肌トラブルは皮膚の深さによって異なり、しみやたるみ、ニキビ跡などいくつかの肌トラブルを抱えている場合は、単調のレーザー(一つのトラブルにしか対応できない)よりも、複数の波長をもつフラッシュが効果的です。

紫外線の本当の恐怖

k13

私たちが毎日浴びている紫外線によって与えられているダメージにはさまざまなものがあります。

最も目立つのがシミです。
紫外線を肌に受けることによって体内の細胞が肌を守ろうとし、メラニン色素を濃くしてしまいます。これがシミの原因です。普通の人は紫外線を浴びない日はないですから、できたシミを放っておくとどんどんと増え、濃くなってしまいます。

年齢の若い人や、普段からお肌の手入れをこまめにしている人で、ターンオーバーが正常に行われていれば、古い角質やメラニン色素はどんどん剥がれ落ちていきますが、多くの人はそこまで肌の手入れができていないのが現状なのでしみはどんどん増えて行きます。

ここでフラッシュによる刺激を与えてあげることで、シミの元であるメラニン色素にダメージを与え、肌の奥から肌の表面へとどんどん押し出します。肌の表面にしみが押し出されていくことで、一時的には濃くなったように思うシミも、肌の表面に出てしまえばきれいになります。

しわやたるみは肌の中に元々持っている成分コラーゲンやヒアルロン酸などが加齢により減少することによって肌が乾燥したり、新陳代謝の衰えと共に色素沈着してできてくるものです。

そばかすは遺伝的要素も大きいものですが、光のパワーで刺激を与え、新陳代謝を活発にすることで古いシミやそばかすを剥がし落としきれいな肌へと生まれ変わらせることが可能となります。

肌が若返るフォトフェイシャル

k3

目の周りの小じわやほうれい線などは主に加齢による肌の水分不足で起こります。
フォト(フラッシュ)を当てると、光の刺激によりコラーゲンの生成が促進され、コラーゲンが生成されることによって肌に弾力が戻り、しわやたるみを改善します。

赤ら顔の原因は毛細血管が拡張して肌の表面に浮き出ていることで肌の皮膚が弱い人に多くみられますが、フラッシュを当てることで毛細血管にダメージを与え、毛細血管を縮小させ、赤ら顔を改善します。

フラッシュを使用した美肌効果のある治療法は「フォトフェイシャル」「光エステ」とも呼ばれ肌が若返る方法として注目を浴びています。

レーザーの持つ光よりもはるかに優しい光なので、肌にダメージを与えずに肌トラブルを改善することができるため、クリニックやエステなどでも多く取り入れられています。エステやクリニックでフォトフェイシャルを行うと、1回当たり1~30,000円が相場となっています。

1回行うだけでも肌の変化を感じることはできますが、5回程は継続して行うのが理想的です。
そうすることでお肌の内側にある細胞をどんどん活性化させるので美肌効果が大いに期待できます。

フラッシュ式の家庭用脱毛器にもこの美顔機能の付いたものが販売されています。
カートリッジを交換するだけで、脱毛だけでなくコラーゲン生成を促進する美顔機能を自宅で気軽に使うことができます。

年齢をとるにつれ、基礎化粧品だけの外側からのケアだけではお肌のきれいさを維持するのは難しいので、肌の内側からのケアが有効です。

フラッシュ機能はなぜ美肌に良いのか?

k14

フラッシュ機能は、IPL(インテンスパルスライト)=近赤外線の光エネルギーでカートリッジに付属しているフィルターで肌に有害な紫外線は取り除いてあります。

肌へ照射し細胞にちょっとしたダメージを与え、ダメージを与えられた細胞は一生懸命再生しようとする力が働き、この原理を利用したのがフラッシュ機能で美顔や美肌に役立つのです。

フォトフェイシャルを行うことによって古い角質層を除去でき、新しい細胞が肌の表面に出てくるのでトラブルが起こっていた肌の皮膚もはがれ落ちきれいになっていきます。

光を肌に当てることで肌に存在するコラーゲンを活性化させることができます。コラーゲンは人間の体で皮膚や軟骨などを作っているとても大切な成分で、タンパク質の一種ですが、身体に存在するタンパク質のおよそ3割を占めるのがコラーゲンであるほど重要な成分です。

赤ちゃんから20歳くらいまではコラーゲンの生成も活発に行われていますが、20歳を過ぎたあたりから生成量が減少していき、肌や軟骨などの弾力が失われていくのです。

光を照射することによりコラーゲンが生成される理由は細胞の働きにあります。軽いダメージを与えられた細胞が懸命に再生しようとし、コラーゲンの生成を促進するのです。この働きによってコラーゲンが増えたお肌は弾力性が増し、しわやたるみの改善になります。

自宅でできるフォトフェイシャル

k15

IPLによる光脱毛器についている美顔機能で効果があると言われているのが、シミそばかす赤ら顔小じわ毛穴の開きなどです。

エステやクリニックで使用されているIPL脱毛器では、フォトフェイシャル専門の機械もありますが、家庭用脱毛器ではカートリッジを変えることによってフィルターで波長を変えるので肌にダメージを与えることなく美肌効果が期待できます。

波長とは一つの波の長さのことで、波長の長さによってお肌のどの位の深さまで届くかが変わってきます。

レーザーの波長は単一であることが知られていますが、IPLはさまざまな波長をもっています。例えば短い波長は皮膚の表面の角質層に作用し、古い角質を剥がし肌の表面をきれいにする働きがあります。

中間波長はしみやそばかすの元であるメラニン色素まで到達しますので、しみそばかすに効果的です。
長い波長は肌の真皮層まで届くので、コラーゲン生成を促進し、毛細血管にも刺激を与えるのでたるみや、赤ら顔ニキビ跡などにも効果的です。

エステやクリニックだと1回10,000円以上するフォトフェイシャルも自宅で気軽にできるのであれば、カートリッジ代を考えてもお安く済みますしお得ですよね。予約を取らなくてはいけない手間や通うまでの交通費、時間を考えると家庭用脱毛器がとてもお役にたちますよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<<← →>>

ページ上部へ戻る